轍(ワダチ)って?道にできるアレ。バイク通勤では気を付けろ。

「道にできるボコっとしたやつ何なの?」

「バイク通勤で気を付けることは?

そんなアナタのための記事です。

道にできるボコっとしたやつ

考える女性

道の端っこにボコっとしたやつありますよね。

あれはワダチ)と呼ばれるものです。

何であるんでしょうね。

理由としては、重い車が通ったからです。

アスファルトは固そうに見えますが、実際にその上をすんご~い重い車がガンガン通っていくと、ちょっとずつ変形してしまします。

具体定期には、道路がヘコんでいきます。

このへこみを、ワダチ掘れ(わだちぼれ)と呼んだりします。

ワダチ掘れによりヘコんだ分は、その横側に盛り上がっていきます。

これがワダチです。

重い荷物を積んだトラックが多く通るような港や工場の近くには、よくあるのではないでしょうか。

アナタの通勤路にもワダチありますか?

車で走っていても、ワダチを変に踏んでしまうと、グリっとなりますよね?

バイクでワダチを踏んでしまうと車よりタチが悪いです。

車に比べて安定性の低いバイク。

足元からバランスを崩されたらかなりデンジャラスです。

NGを出す男性

バイク通勤の手ごわい敵

なんともジャマなワダチ、バイク通勤の手ごわい敵なのです。

なぜなら、ワダチはちょうどバイクの通り道にできるからです。

ボーっと走っていると、いきなりグリっとハンドルを持っていかれます。

スゴイ怖いですよ。

歩道側にグリってなれば、縁石に激突するかもしれませんし、道の真ん中向いてグリっとなれば、にハネられてしまうかもしれません。

ワダチのところは表面が割れていることもあり、タイヤがパンクする可能性だってあります。

バイク通勤を始めると、いろんな道を通って帰ってみたくなるものです。

そんなプチツーリングを楽しんでいると、思わぬところにワダチがあることもありますので、要注意です。

ワダチの影響を最小限にとどめるには、道の端を走らないことです。

ワダチは車のタイヤが通った外側にできます。

そのため、車のタイヤが通る上をバイクではしれば、グリっとなることはありません。

グリっとなることはないですが、いきなりワダチの段差が無くなって、ガタンってなるときはあるので、気は引き締めていきましょう。

バイク通勤で渋滞の横をサラーっと走っていくときも注意が必要です。

サラーっと走っていく場所は、まさに、ワダチができる場所です。

バイクを買ったら、バイク通勤を始める前に、慣らし運転を兼ねて、通勤路を走ってみるのがよいでしょう。

昼間の交通量が少ないときがベスト。

都会にはそんなタイミングが無いかもしれませんが、そこはどうにかしましょう。

車通勤からバイク通勤に切り替えるアナタでも、これはしておいた方がよいです。

なぜなら、車で走っていて気にもならないことが、バイクで走るときは気にしなくてはいけないからです。

気にしなくてもいいかもしれませんが、少しでも安全に走るためには、気にした方がいいのです。

道の端っこにはワダチだけでなく、よく分からないゴミも落ちていますので、要注意です。

例えば、ペットボトルを踏むと、たぶん、転倒します。

クギとかも落ちてるかもしれません。

轍には気を付けて楽しいバイク通勤を!

ワダチには気を付けましょう。

絶対によけて走ることが大切。

上を走っても良いことはありません。

通勤路を下見しておき、道路の端を走らないようにしましょう。

バイク通勤の始め方

通勤用バイクを見る

他のライテクも見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。