朝がツラい?通勤中に居眠りしないためには?

毎朝眠たい・・・。」

「通勤中に居眠りしてしまう。」

そんなアナタにオススメの記事です。

 

毎朝眠たいのはなぜ?

寝ている猫

毎朝、眠たくないですか?

通勤中に居眠りなんてしたら、危ないですよね。

私は学生の頃に車で居眠り運転をして、轟音とともに15万円吹き飛ばした経験があるので、居眠り運転だけは絶対にやらないと心に決めています。

 

なぜ、朝から眠たいのでしょうか。

 

理由としては、

  • 睡眠時間が短い
  • 睡眠の質が悪い
  • 会社が楽しくない
  • 勤務時間が不規則
  • 食が細くてエネルギー不足

など、いろいろと考えられます。

アナタの場合は、何が理由か考えてみてください。

 

多くの人は、睡眠の質が悪いという原因を抱えているのではないでしょうか。

アナタもそうだと思いますか?

 

スマホやPCを寝る直前までいじっていませんか?

「俺は読書だから大丈夫」というアナタも、似たようなものです。

 

寝る前に頭を使うようなことをしてはいけません。

ブルーライトやフツーライトの影響で脳が活性化され、眠るためのスイッチが入らない、という状況になります。

 

朝の眠気を取るには?

私たちは人生の1/3くらいは寝て過ごしています。

睡眠の質という言葉が割とささやかれていますが、アナタは質の良い睡眠を取れていますか?

「質の良い睡眠」と言われても、イマイチ、ピンとこないかも知れませんね。

質の良い睡眠が取れたときのイメージとしては、起きたときにスッと布団から出られるという感じです。

それ以上でも、それ以下でもないような気がします。

 

しかし、多くの人にはそれが難しい

質の良い睡眠がとれず、質の悪い睡眠をとる毎日を送っています。

その結果、朝の眠気につながってしまいます。

 

どうすれば朝の眠気に対策できるのでしょうか。

答えは簡単、「しっかり寝よう」です。

 

しかし、言うは易しとはこのこと。

家に帰ってやることが無ければ、さっさと寝ることができますが、・・・そうではないですよね?

やることが無いない日なんて、年に数えるほどしかないのではないですか?

 

平日も休日も家族サービスに精を出し、娘が少し大きくなったら嫌われる。

そんな素敵な日々を過ごしているアナタにとっては、睡眠の質を上げるために時間を使うなんて、できませんよね?

 

だったら、道具でどうにかするしかありません。

限られた時間でより良い効果を得るためには、いい道具に頼るしかないのです。

 

いい道具とは何か。

 

ズバリ、です。

 

枕は良いものを使いましょう。

寝ている間の姿勢ってかなり大事だと思いませんか?

 

寝返りはうちますが、同じ姿勢で数十分は固定です。

そんなときに、首や肩に負担をかけ続けるのはイヤですよね。

寝た内に入りません。

 

枕の中身の量を調節できる枕があればいいのですが、そんな便利でファービュラスな枕なんてあるのでしょうか。

あるんです。

ファービュラスな枕を見てみる

Sponsored Link

 

シャキッと通勤、バリバリ働く!

はじまりの朝

質のいい睡眠から目覚めると、一日がシャキッと始まります。

朝活するのもオススメ。

それも、アナタの好きなこと(趣味)に時間を使うのが良いです。

 

私も、朝の数分はFXのチャートを眺めて悔しがるという日課がありますが、それをやると、目が覚めます。いろんな意味で。

アナタも朝の日課を作ってみませんか?

  • めっちゃ歯磨きする
  • 新聞を全部読む
  • ブログを書く
  • ツイートする
  • 朝ご飯を作る

というふうに、なんでもいいのです。

 

朝から時間を有効活用したら気持ちがいいと思いませんか?

いきなりですが、バイク通勤という作戦もあります。

 

バイク通勤であれば、朝からシャキッと目が覚めます。

通勤と同時に趣味も楽しめます。

他の交通手段と比較しても、メリットがたくさん。

 

朝からバイク通勤をして、朝の眠気にオサラバしませんか?

 

バイク通勤のメリット・デメリット

もっと目を覚ましたい

ファービュラスな枕を見てみる

Sponsored Link

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。