バイクの洗車ってどうするの?チェーンも洗う?

バイクの洗車ってどうするの?むしろ、洗車するの?」

チェーンってどうやって洗うの?むしろ、洗うの?」

そんなあなたのための記事です。

 

バイクと車の洗車の違い

困った女性

車の洗車、ちゃんとしてあげてますか?

ガソリンスタンドの自動洗車機で洗ったり、自分で手洗いしたり、コーティング屋さんに洗車込みで持ち込んだり車検の時に洗ってもらったり・・・。

車はいろんなタイミングで洗車をする機会があります。

 

車庫に入れていない場合は、一日中外に放置しているわけですから、当然、汚れます。

車庫に入れているにしても、猫の足跡などが付いてしまうこともあるでしょう。

だから見かねて、あるタイミングで洗車をしますよね?

 

車だったら、

フロントガラス汚れてきたな」

鳥のフンが付いてるよ!」

という具合に、洗車フラグを感じ取ることができますが、バイクの場合はどうでしょうか。

 

フロントガラスなんてありませんし、車体が小さいので鳥のフンの的になる確率も低い。

そのため、バイクを洗う頻度はおのずと少なくなるものです。

(趣味でバイクに乗っている人は例外ですが)

 

朝、バイクが汚れていても、会社に遅刻してまで洗いませんし、帰りは暗くて汚れなんて見えません。

土日は置いておくだけなので気にもなりません。

つまり、通勤用バイクは洗うタイミングが無いのです。

 

洗うタイミングが無いからと言って、まったく洗わないと、見た目も悪いですし、思わぬ故障につながる可能性もあります。

適度な頻度で洗車を行いましょう。

親指を立てる女性

 

バイクの洗車頻度ってどれくらい?

バイクはどれくらいの頻度で洗うのがいいのでしょうか。

毎日洗ってもいいですが、あまり現実的ではありませんよね。

 

大体、月に1回くらいは洗っておいた方がいいです。

毎週洗ってもいいですが、その辺はお好きなように。

 

車なら、自動で洗ってくれる機械がありますが、バイクの場合は自分で手洗いが基本です。

無理のない洗車スケジュールで洗ってあげてください。

 

チェーンって洗うの?

スクーターに乗っているアナタには関係ありませんが、チェーン駆動で走るMT車のチェーンは、車体と同様、洗車の対象です。

しかし、チェーンというのは、油でベトベトになっていることが普通なので、ほかの部品と同じ布やスポンジを使ってはいけません。

NGを出す男性

 

チェーン清掃専用のブラシもありますが、ケチ臭く洗車をするには、古い歯ブラシを使うと便利です。

我らの味方、パーツクリーナー様と併用することで、ベトベトの油をごっそり落とすことができます。

 

パーツクリーナーを吹き付けて、歯ブラシでゴシゴシ・・・。

また吹き付けてゴシゴシ・・・。

タイヤを回して、ゴシゴシいていないところに吹き付けて、ゴシゴシ・・・。

といった具合に磨き上げます。

 

ちなみに、チェーンがベトベトになったまま走っていると、チェーンがスプロケットからうまく離れず、カチャカチャと音を立てるようになります。

こうなったら、部品の消耗に大きく影響してきますので、できるだけ早く洗ってあげてください。

 

あと、かなり重要ですが、洗車が終わったら、チェーンには油をかけておきましょう。

 

バイク洗車の基本

バイクにはいろいろな汚れが付いているはずです。

例えば、砂、ホコリ、泥、虫の死骸、キズ、などなど。

 

洗車というと、「水でばっしゃーん」というイメージが強いかもしれませんが、バイクの場合は容易に「ばっしゃーん」してはいけません。

雨の日でも走れるといっても、水中は走れませんので、注意が必要です。

 

基本的に、マフラーに水が入らないようにしましょう。

少々入っても問題ありませんが、思いっきり入れると、中に水が溜まってエンジンからの排気ができなくなり、エンジンがかからない!なんてことになってしまうかも。

 

また、水をかける前に、100均に置いてあるようなホコリキャッチャー的なモフモフのやつで、サーっとやっておいた方が良いでしょう。

網戸を洗う時に先に濡らしてしまうと、ホコリが固まって掃除しずらくなりますよね?

あれと同じで、付いている汚れが取れにくくなり、取れるまで擦っていると、小傷だらけ・・・なんてことになってしまいます。

 

バイクの洗車は、土の上ではやらないようしましょう。

センタースタンドのバイクであればきっと大丈夫ですが、サイドスタンドのバイクだと、地面にスタンドが食い込んで、最悪の場合はバイクがコケてしまうかも。

水の跳ね返りもありますし、やはり、コンクリやアスファルトの上で洗車するのがベストです。

 

以上のことに気を付けて、楽しく洗車してあげましょう!

 

他のメンテナンスを見てみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です