ロードサービスでバイク保険を比較!オススメ任意保険5選。

注意喚起

今回はオススメなバイク任意保険のまとめです。

バイク保険、どれが良いのか分からない」

任意保険って入らなきゃダメなの?」

そんなアナタのための記事です。

 

任意保険のメリット・デメリット

メリット
ロードサービスがある
対人対物の補償額を無制限にできる
デメリット
費用がかかる

バイクを購入すると、強制保険である自賠責(自動車損害賠償責任保険)に加入することになります。

強制保険というだけあって、入らないと法律違反です。

 

保険と聞くと、何かあった時に補償してくれそうな印象を受けますが、実際問題、自賠責だけでは役に立ちません。

具体的には、自賠責で保証されるのは相手のケガだけです。

アナタのケガや、双方の車両についてはガン無視です。

しかも、上限金額も決まっており、償いきれないケースもあるのではないでしょうか。

 

このように、いざ事故を起こしてしまうと自賠責だけでは不安ですよね?

そんなアナタの不安を解決してくれるのが任意保険です。

任意保険では、対人対物の補償も無制限に設定できますし、アナタのケガについても保証してもらうことも可能です。

さらに、心強いことにロードサービスも付属させることができます!

 

「ツーリングには行くつもり無いから、ロードサービスなんか要らないよなぁ」

と思っているアナタも、ちょっと考えてみてみせんか?

  • 通勤途中でパンク・・・。
  • 帰ろうと思ったらガス欠・・・。
  • 豪雪でバイクを動かせない・・・。

最悪ですよね。

そんな最悪な状況でも助けてくれるのが任意保険のロードサービス!※1

今回はロードサービスで保険会社を比較してみます。

 

※1 全ての保険会社が上記の内容をカバーしてくれるワケではありません。

 

満足度92.3% 三井ダイレクト

公式HPによると、事故対応満足度92.3%だそうです。

天下の三井様の冠がついてますので、信頼性は十分ですね。

ツーリング先の土地勘のない場所で困っても、GPSを利用して場所を把握してくれるので安心。

更に、電話によるサポートで整備士のアドバイスが聞けたり、周辺のガソリンスタンド情報を教えてもらうことも可能。

ツーリング先で困りたくないアナタにオススメ。

 

ユニークな保証内容 アクサダイレクト

私が250ccに乗っていた時に入っていたアクサダイレクト。

お手頃な料金設定でいて、なかなか充実した保証内容を期待できます。

ロードサービス内容も充実しており、雪で動けなくなったときや玄関の鍵を無くしたなんてことも保障範囲内。

他社が気づかないようなかゆいところにも手が届く保険です。

私は保険に入って2年目にガス欠になってしまい、初めてロードサービスを利用しました。

電話で連絡すると、近所のガソリンスタンドの方が油を入れに来てくれました。

ツーリング先ではなかったのですが、やはりロードサービスが付いててよかったと感じました。

お手頃にロードサービスの恩恵を受けたいアナタにオススメ。

 

ザ・バイク保険 チューリッヒ

バイク保険といえばチューリッヒと応えるバイク乗りは多いのではないでしょうか。

それだけ知名度の高い保険会社です。

肝心のロードサービスも他社にはないサービスがたくさんあります。

修理後の車両を送ってもらったり、取りに行ったりするときの費用は全額補償

レンタカー代も24時間まで補償!

更に、ツーリング先で予定していた宿やイベントなどのキャンセル費用も上限5万円まで補償!

 

これだけで十分すごいのですが、まだまだあります。

その場でキー作成や、灯火類まで補償されます!

 

こういった充実したロードサービスが1年目から受けられるのはチューリッヒだけ!

手厚いロードサービスでもしもに備えておきたいアナタにオススメ!

 

まとめ

バイク保険ってたくさんあって、実際どれがいいのかよく分かりませんよね。

そんな時は一括査定してみるのがオススメ。

今回の記事を参考に保険について考えてみていただければ幸いです。

 

一括見積してみる
Sponsored Link

 

(注意)

当ページの内容は2018年3月時点の内容を参考にしています。

正確な保証内容については各社ホームページをチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。