バイク通勤に必要な免許の種類は?バイクの排気量との関係まとめ。

250cc以下のバイクのイメージ

今回はバイク通勤に必要な免許証の種類とバイクの排気量との関係についてのまとめです。

125ccって原付免許で乗れるの?」

「免許の種類が多くてよく分からない。」

「バイク通勤にはどの免許がオススメなのか知りたい。」

そんなアナタのための記事です。

 

バイクの排気量クラス

バイクの排気量は以下のようにざっくりと分けることができます。

  • 50cc以下
  • 50cc超え~125cc以下
  • 125cc超え~250cc以下
  • 250cc超え~400cc以下
  • 400cc超え

この中で通勤に適しているのは250cc以下のバイクです。

250cc以下のバイクのイメージ

250cc以下であれば維持費も安く、乗りやすいサイズになります。

逆に、それ以上の排気量になってくると、車検が必要になったり、取り回しが大変になったりと、「通勤用」としてはしんどいかもしれません。

 

ツーリングなどもやってみたいというアナタは400ccを超える排気量のバイクを選んでもいいかも。

大きいバイクは一般的に燃費も下がるし、取り回しがしにくくなるため、通勤には向いていませんのでご注意ください。

車体の価格も高く、自動車の方が安い場合もあります。

家計のヒモを握っていないアナタが買うのは少し難しいかもしれませんね。

アナタが家計のヒモを握っている場合は買った後に文句を付けられる可能性が大きいので完全な言い訳を考えておきましょう。

 

バイクの免許の種類

バイクの免許はバイクのサイズに対応して、以下のような種類があります。

  • 大型二輪(オオガタ)
  • 普通二輪(チューメン)
  • 原付(ゲンツキ、ゲンチャリ)

 

上位の免許を取ってしまえば下位の免許は必要ありません。

つまり、大型二輪を取ってしまえば全てのバイクに乗ることができます。

全てのバイクに乗れるとは言っても、そんなに大きなバイクを買う予定が無いのであれば、宝の持ち腐れになってしまいます。

上にも書きましたが、大型バイクは通勤には適していません。

 

バイク通勤を始めるには125ccが最適ですが、取得する免許は普通二輪(チューメン)をおすすめします。

バイクというのはよくできた乗り物で、ちょっと乗るともう少し大きなバイクに乗ってみたくなります。

そんなときに、また教習所からやり直しになるのは時間お金がかかります。

最初からチューメンを取得する、というのがスマートな選択だと思ってきませんか?

 

まとめ

バイクの種類に応じてバイクの免許にも種類があります。

バイクに乗り始めると、大きなバイクに乗りたくなってくるものです。

かと言って、初めから大型免許に手を出すのは少しハードルが高い。

やはり免許を取るならオススメはチューメンです。

「オススメ車種」のカテゴリーも参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。