【バイク通勤】雨でも風でもコケないための走り方!

今回はバイクでコケないためにはどうするかを考えていきます。

バイク通勤を考えているけど、コケるのは嫌だから迷っている

そんなアナタのための記事です。

 

雨の日のライディング

やはり、雨の中走っているバイクは不安定です。

路面が滑りやすく、視界も悪いため、気をつけて運転しましょう。

 

路面が濡れていなくても、マンホール側溝の金網などの金属の上は滑りやすくなっています。

自動車であれば、「キュルキュル言ったな」ぐらいの感じで通り過ぎていけますが、バイクの場合、そうはいきません。

まっすぐ走っていてもスリップしてバランスを崩します。

絶対に金属の上を通らないようにしましょう。

 

金属の上だけでなく、道路の線コンクリートも避けましょう。

濡れた金属は見るからにヤバイというのが分かりますが、白線やコンクリートも同様にヤバイのです。

特に、バイク通勤に少し慣れて、タイヤの溝が減ってきた時に要注意です。

 

風の日のライディング

風でコケるというのはあまり聞いたことがありません。

しかし、風に煽られている原付はよく見かけます。

自動車でも、ちょっとハンドルが取られた事ありますよね?

 

「バイクだったらフラフラして危ない」と思うかもしれませんが、車間距離を取って安全な速度で走っていれば大丈夫。

バイクだからと言って危険という訳ではありません。

風の強い日には、いつもより車間距離を取って通勤しましょう。

 

晴れの日のライディング

雨や風のない晴れの日はバイク通勤日和です。

爽快な風を感じながら、朝から気持ちよく出社しましょう!

 

しかし、晴れの日だってコケる時はコケます。

路面が濡れていなくても、が道路に撒かれていればコケます。

大きな道路を通って通勤するアナタは特に注意!

道路の端には砂やゴミが溜まっています。

ときには、ペットボトルさえ転がっています。

 

そういったものの上を走ってしまうと、スリップしたり、ゴミを巻き込んで故障の原因になったりするので、道路の端は避けましょう。

自動車が煽って来るかもしれませんが、気にしなくてOK。

自分のペースで通勤するのがベストです。

 

まとめ

バイクは放っといたら倒れるような不安定な乗り物です。

しかし、コケにくいライディングを習得することで、スイスイ走れるようになります。

アナタの不安は消えましたか?

迷っているなら、バイク通勤始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。