バイク通勤に最適なスーパーカブとは?燃費が良いだけじゃないよ。

今回は、ある意味特殊なバイクである、ホンダのスーパーカブ(以下、カブ)についての記事です。

通勤用にカブを買おうと思ってる」

燃費がいいバイクを探している」

「カブってなんですか」

そんなアナタのための記事です。

 

カブの特徴1 燃費が良い

親指を立てる女性

カブが有名である理由の一つは、燃費の良さ

現行モデルでは、110ccと50ccのタイプがありますが、

110ccのカブなら、67km/L!(WMTCモード クラス1)

さらに50ccのカブなら、69.4km/L!(WMTCモード クラス1)

カタログ値といえども、凄まじい燃費です。

 

カブの特徴2 仕組みが特殊

困った女性

 

「メカの話はほどほどにしてほしい」というアナタはここを飛ばしましょう。

 

カブは エンジンの構造が特殊

スクーター(AT車)の仕組みとMT車の仕組みを併せ持っています。

具体的に言うと、AT車のような感覚で楽に運転できるにも関わらず、

MT車のように自分でギアを選ぶことができます。

 

まだバイクに乗っていないアナタには分かりにくいかもしれませんが、

上り坂や加速時に「ギアを1つ落としたい」と思うタイミングがあります。

そんなとき、スクーターだと我慢するしかないのですが、

カブを含むMT車であれば、ギアを1つ下げてスムーズに走ることができます。

 

「MT車に乗ってみたいけど、いきなり乗るのは不安」

というアナタはカブに乗ってみるのもアリです。

ちなみに、構造上、カブにはエンストの心配がありません。

 

カブの特徴3 ファンが多い


ファンが多すぎて、カブだけの記念レースもあったりしました。

ライダーでカブを知らない人は居ません。

カブは今のホンダの礎を築いた大ヒット商品の一つです。

郵便屋さん新聞配達でも使われています。

 

人気の秘密はいろいろあると思いますが、

一番は品質でしょう。

カブのエンジンは丈夫なことでも有名であり、

メイド・イン・ジャパンの名を世界に轟かせた商品の1つであることは間違いありません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

この記事はスーパーカブの特徴を紹介しました。

購入を検討しているアナタの参考になれば幸いです。

さらに詳しく知りたい方はWikiを参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。